インプラントの歯科医院ならメイクスマイル歯科

アクセス
クリニック紹介
料金表
お問い合わせ
自費診療メニュー

マウスピース矯正
(インビザライン・ケンライン)

マウスピース矯正の価格はこちら >

マウスピース矯正とは

透明なマウスピースを装着するだけで目立たずに矯正できます

歯の綺麗な女性

マウスピース矯正とは、薄くて透明なマウスピースをご自分で装着し、段階的にマウスピースを交換していくことで、歯を徐々に動かしていく方法です。全てのマウスピースを装着し終わる頃には、歯が理想的な位置に並ぶようになっており、従来の矯正方法と違って快適、目立たないのが大きな特徴です。

従来の矯正治療との比較

歯並びを整える従来の方法としては、歯の表面に装置をつけるワイヤー矯正、セラミックを被せて歯並びを整えるセラミック矯正があります。

ワイヤー矯正

もっとも一般的に行われている矯正方法で、歯の表面にブラケットと呼ばれる装置が一つ一つ付き、そこにワイヤーを通します。どんな歯並びにも対応できる確実な方法ではありますが、装置が歯の表面についている煩わしさがあり、歯の外側に装置がつく場合には目立つのが欠点です。

セラミック矯正

歯並びが気になる部分の歯を削り、その上にセラミックを被せて歯並びを整える方法です。歯を動かして矯正する方法は2〜3年かかることが多いですが、この方法だと短期間で済み、歯の色や形もきれいにすることができるのが魅力です。欠点としては、健康な歯を大量に削る必要がある、ということが挙げられます。

マウスピース矯正

取り外し可能なマウスピースを装着し続けることで歯が動いていきます。歯に装置が固定されないので快適で、違和感が少なく、食事や歯磨きの時には外せるのも魅力です。ただ、ご自分でしっかりと装着しないと効果が現れない、適応症例が限られるといったデメリットもあります。

マウスピース矯正装置としてインビザラインとケンラインを取り扱っています

精密・正確なデジタル矯正システム

マウスピース型矯正装置

いずれの方法も、デジタルマウスピース矯正システムで、従来のアナログで歯を動かしていく方法とは異なり、コンピュータ上で歯を動かすシミュレーションを行い、その通りに正確に歯を動かせるようになっています。

また、デジタル矯正システムでは、治療前に歯の動いて行く様子をコンピュータ画面で確認していただくことができ、ほぼ正確に治療期間を知ることができるのも他の矯正治療と大きく異なるところです。

イラスト

イラスト

インビザラインシステムは、アメリカのアラインテクノロジー社が開発したマウスピース矯正システムで、世界中で利用者が多く、もっとも治療実績のあるマウスピース矯正です。膨大な治療データから、常に改良が繰り返されており、適応症例が限られているマウスピース矯正の中でも適応症例が広く、抜歯症例にも対応することができます。マウスピースは一括で海外にて製作されます。

イラスト

イラスト

ケンラインシステムは、日本のケン・デンタリックス株式会社が提供しているもので、インビザラインのような透明なマウスピースを使って歯を動かすデジタル矯正システムです。こちらは前歯のみの矯正など、軽度な症例に向いており、短期間で歯並びのお悩みを解決することができます。当院が同じビルで連携している技工所はケン・デンタリックス株式会社で、ケンラインシステムを製作している会社ですので、治療をより早くスムーズに進めることができます。

インビザラインシステムとケンラインシステムの違い

インビザラインシステムとケンラインシステムは、どちらも透明なデジタルマウスピース矯正システムですが、いくつか違いがあります。患者様のお口の状態やご要望に応じてどちらにするかを決定していきます。

■作製している国
インビザライン 米国製
ケンライン 日本製
■マウスピースの形態
インビザライン 歯のみを覆う
ケンライン 歯茎まで大きく覆う
■歯を動かす量
インビザライン 0.2-0.25ミリ
ケンライン 0.25ミリ
■装置が入るまでの日数
インビザライン 6週間ほど
ケンライン 当院では併設の提携技工所が製作しますので、通常より短期間で開始できます。最短3週間

マウスピース矯正に向いている人向いていない人

マウスピース矯正に向いている人

目立たずに矯正したい人
人前に出ることの多い職業の人、接客業の人など、なるべく他人に知られず矯正をしたい人には特におすすめです。
虫歯や歯周病のリスクを抱えたくない人
清潔を保てるマウスピース矯正は、虫歯や歯周病のリスクを高めません。
金属アレルギーのある方
金属アレルギーがある人、金属アレルギーが心配な人にも安心です。
歯並びの不正が比較的軽度な人
骨格的な不正がなく、比較的軽度な歯並びの不正の人に向いています。

マウスピース矯正に向いていない人

歯並びの不正が重度な人
歯並びの不正が重度な場合、歯をたくさん動かす必要がありますので、マウスピース矯正には不向きです。
重度な歯周病の人
歯周病の程度が重度な場合にも向いていません。
1日の装着時間を守れない人
マウスピース矯正装置は、装着しなければ効果が現れません。1日20時間以上装着できる人でなければ、効果がしっかり出ない恐れがあります。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

メリット、デメリットをご理解いただいた上で治療法を選択していただくことをおすすめします。

イラスト
目立たず矯正できる
薄くて透明なマウスピースを使用しますので、装着していてもほとんど周囲に気づかれることはありません。
虫歯や歯周病になりにくい
マウスピースはお食事、歯磨きの時には外しますので、歯に汚れが残りにくく、虫歯や歯周病のリスクを高めません。
快適
歯にデコボコした装置やワイヤーがつきませんので、快適です。装置でお口の中が傷つくこともありません。
金属アレルギーの心配がない
ワイヤーなどの金属を一切使用しませんので、金属アレルギーを起こす心配もありません。
他の矯正法より歯に優しい
当院で行なっているマウスピース矯正は、歯に負担をかけず、効率よく歯が動かせるシステムになっていますので、歯に優しいのも特徴です。
イラスト
適応症例が限られる
マウスピース矯正は、どちらかというと歯並びの悪さが軽度な方に向いています。歯をたくさん動かさなければならないケースにはあまり向いていません。
装着しないと効果が出ない
矯正装置であるマウスピースはご自分で着脱していただきます。決められた装着時間をしっかりと守っていただかなければ、効果がきちんと現れませんので、注意が必要です。
破損・紛失すると追加費用がかかる
マウスピース装置を破損、または紛失すると再度マウスピースを製作し直さなければならないため、その分の追加費用がかかってしまいます。
慣れるまで少し喋りにくい
マウスピースは歯を全体的に覆いますので、最初の頃は少し喋りにくい感じがしますが、ほとんどの人はすぐに慣れて普通に喋れるようになります。

<マウスピース矯正の価格はこちら >

^


トップページ

お問い合わせ

電話をかける