インプラントの歯科医院ならメイクスマイル歯科

アクセス
クリニック紹介
料金表
お問い合わせ
自費診療メニュー

歯周病治療

ご自分の歯をできるだけ長く残すために

細菌感染によって引き起こされる、歯の周りの組織の病気です

グラグラする歯のイラスト

8割の成人が歯周病にかかっていると言われる日本では、もはや歯周病にかかっていない人の方が少ないと言っていいでしょう。歯周病は進行していく病気で、末期になると歯が抜け落ちてしまう厄介な病気です。
また、インプラントがお口にある場合、歯周病にかかっている歯の歯周病細菌がインプラントに感染し、インプラントをダメにしてしまうこともあります。
それだけでなく、最近では歯周病細菌が全身的な病気を引き起こすこともわかってきており、全身の健康のためにも歯周病治療が見直されてきています。

歯を失う1番の原因は歯周病

歯周病菌

歯を失う原因として真っ先に思いつくのは虫歯かもしれません。ところが、歯を失う原因の第一位は実は歯周病なのです。ちなみに二位が虫歯、三位が歯根破折となっています。歯周病は歯周病細菌によって引き起こされる病気で、放置していると歯周病細菌があちこちで悪さをし、一気に何本も歯を失ってしまうことも珍しくありません。

歯周病治療で、多くの歯を救うことができます

歯周病治療風景

歯周病はある程度進行しないとあまり自覚症状が現れないため、多くの人が歯周病にかかっていることすら気づかず、歯周病を悪化させてしまっています。ですが、歯周病は治療することで進行を止めることができ、結果的に多くの歯を救ってくれます。どんなに高度な治療法でも、ご自分の歯にかなうものはありません。当院ではできるだけ多くの歯を残していけるよう、歯周病治療にも力を入れています。

インプラントと歯周病

インプラントを行う前にしっかりと歯周病治療を行います

歯を失うと、早くインプラントを入れたい!と思うのは当たり前のことです。ですが、お口の中に歯周病にかかっている歯があると、インプラント周囲にも歯周病細菌が感染して、歯周病のような状態になってしまうリスクがあります。
インプラントは人工物ですので虫歯にはなりませんが、インプラント周囲に感染を起こして歯周病のように抜け落ちてしまうことがあるのです。そのような残念な結果にならないためにも、インプラント治療を行う前に、歯周病はしっかりと治療しておき、歯周病細菌を減らしておく必要があります。

インプラント治療をすることで他の歯を歯周病から救える!?

歯を抜けたままにしていると歯周病がどんどん進行する

歯周病進行度

歯が抜けたまま放置していると、周囲の歯が倒れてきたり、移動してしまい、かみ合わせが狂ってしまいます。かみ合わせのバランスが崩れると、特定の歯に過剰な力や異常な力がかかるようになり、その歯の歯周病が進行しやすくなります。歯周病というのは、過剰な力、異常な力がかかることで加速度的に進行してしまうためです。実際に歯を抜けたまま放置すると、このように歯が次々にダメになっていってしまい、みるみる歯を失う場合も少なくありません。

インプラント以外の治療法も歯周病を悪化させやすい

歯周病悪化の原因イラスト

インプラント以外の歯をおぎなう治療法としては、ブリッジや入れ歯があります。ブリッジの場合には、失った歯の部分をまたぐように両隣から繋がった人工歯を入れます。そのため、歯を失った部分にかかるべき力が両隣に分散する形となり、歯周病の進行が早まってしまうことがあります。
入れ歯の場合には、歯を失った両隣、近隣の歯に金具をかけて入れ歯を安定させます。この金具がかかる歯には、物を噛んだ際に引き抜かれるような揺さぶられるような力が働きます。それによってやはり歯周病が進行してしまうことも珍しくありません。

インプラント治療なら他の歯に異常な力をかけない

インプラント

一方インプラント治療の場合、他の歯の力を借りずに単独で入れることができますので、他の歯に変な力をかけることがありません。他の歯にダメージを与えることなく、咬む力を支えることのできるインプラントは、他の歯にとって、とても優しい治療だということが言えます。

当院の歯周病治療

当院ではまず、残っている歯をできるだけ長く、大事に使っていただけるよう精密な検査を行い、徹底して歯周病治療を行います

しかし、歯周病は進行性のものですから、どうしても徐々に進行してしまうことはあります。どうしても重度で残すことが難しくなってきた場合には、グラグラで噛みにくくなってしまった歯に代わってインプラントをすることで、機能の回復、審美性の回復をすることが可能です。

^


トップページ

お問い合わせ

電話をかける