インプラントの歯科医院ならメイクスマイル歯科

アクセス
クリニック紹介
料金表
お問い合わせ
インプラントを
詳しく解説!

インプラント治療のメリット・デメリット

ご自分の歯のような感覚で噛める!

インプラントのメリットだけでなく、デメリットも知っておきましょう

歯の綺麗な女性

歯を失うと、何らかの方法で歯をおぎなう必要があります。インプラントは最も天然歯に近い見た目や感覚が得られるなど、様々なメリットがあることから、最も理想的な治療法と思われがちです。

確かにインプラントは優れた治療法ではありますが、全ての人にとってベストな治療法というわけではありません。
治療法を選択する場合には、メリットだけをみて安易に決めるのではなく、デメリットもよく知った上でご納得の上決めていくことが大事です。

メリット、デメリットをご理解いただいた上で治療法を選択していただくことをおすすめします。

イラスト
周囲の健康な歯に負担をかけない
インプラントは他の治療法と違い、単独で歯を入れることができるのが魅力です。一方、ブリッジの場合には周囲の歯を大きく削る必要がありますし、入れ歯の場合には金具がかかる歯に異常な力がかかってしまいます。
天然歯に近い噛み心地
まるで天然歯のように噛めるのは、インプラントの最大の魅力と言っていいかもしれません。入れ歯の場合だと、歯茎の上に乗っているだけなので、違和感が強かったり、十分な咀嚼効率が得られないため、お食事も十分に楽しめないことが少なくありません。
天然歯のような見た目にできる
インプラントで実際に外から見える部分というのは、セラミックなどの人工歯です。周囲の歯に調和させて作る人工歯は審美性に優れ、天然歯のような自然さをもたらしてくれます。
滑舌よく会話ができる
入れ歯の場合、床(しょう:歯茎部分のプラスチック)の厚みが邪魔で発音しにくくなることがよくあります。インプラントは天然歯のような形態ですので、そのような心配はありません。
取り外す面倒さがない
インプラントは骨に埋め込まれ、固定されますので、入れ歯のようにいちいち取り外しをする煩わしさがありません。
骨が痩せるのを防いでくれる
インプラントは、直接骨に埋まっていますので、噛む力が骨に直接伝わります。歯を失うと骨は刺激を受けないので痩せてしまいますが、インプラントの場合には噛む刺激を受け続けますので、骨が痩せるのを防いでくれます。
イラスト
保険が適用されない
インプラント治療は現在の日本では保険適用ではありません。そのため、治療費がどうしても高額になってしまいます。
外科手術が必要
骨にインプラントを埋め込む必要がありますので、抜歯程度の外科手術が必要です。通常、麻酔を十分に効かせた状態で、痛みを感じないように施術しますが、やはりお体には負担がかかってしまいます。
そのため、重度のご病気を抱えている方には安全面を重視し、インプラントを行えない場合があります。
治療期間が他の治療より長い
インプラントは骨と結合することで、しっかりとした噛み心地が得られますが、その代わり、骨がインプラントとくっつくまでの期間を十分に待たなければなりません。
それゆえ、他の治療法よりも一般的には治療期間が長くかかってしまいます。ですが、歯が入るまでの期間は、仮歯を入れて見た目を悪くしないようにすることもできます。

以上のように、インプラントには他の治療法と同様に、メリット、デメリットの両方の側面があります。当院では、患者様のご要望をお聞きした上で、治療可能な選択肢をメリット、デメリット含めてご説明し、最終的には患者様ご自身に治療法を選択していただいております。

^


トップページ

お問い合わせ

電話をかける